釈迦涅槃図一覧

高龍寺蔵 蠣崎波響筆 釈迦涅槃図

釈迦涅槃図

高龍寺宝の蠣崎波響筆釈迦涅槃図。毎年4/1〜4/15まで一般公開されます。かなり見応えがあります。

2019年4月13日訪問。

以下、キャプションより。

釈迦涅槃図(北海道指定有形文化財)蠣崎波響筆
涅槃図では珍しく双幅の形式をとっており、一切の煩悩から解脱し入滅する釈迦とそれを見取り悲しむ僧侶や貴人、俗人に至るまでの人々、さらに動物から植物にいたる森羅万象がその安心立命を思うさまを描き、右側には多分の余裕を持たせながら、構図の拡がりを効果的に利用している。動物は多種が描かれ、トラやサル、ウサギなどは応挙風に描かれ、ミミズ・カタツムリ・トンボ・カマキリ・ホタルなど、小さな生き物への愛情さえ感じさせる描写もある。多種多様の鳥の毛や羽の描き方などは博物図譜を思わせ、当時の博物学(自然誌)の隆盛が波響の釈迦涅槃図に大きく影響していることがわかる。通常、東西南北2本ずつ合わせて8本描かれる沙羅双樹の木が11本となっていることは異例である。
波響はこの年48歳、松前の復領や肺患に悩みながら生涯に残すべく、彼の持つ総力を結集したものである。
この絵の款記には次のように記されている。
時文化辛未秋九月為松前函館奥山高龍寺十一世禅海上人
蠣崎源廣年斉沐
拝手写於波響樓
※當山では、毎年涅槃会法要にあわせ、4月1日〜15日まで釈迦涅槃図を一般公開しています。

蠣崎波響(1764〜1826)<本名—廣年>
松前藩第7代藩主資廣の5男として生まれ、翌年、家老蠣崎家の養子となる。幼少期は江戸で過ごし南蘋派の建部綾足に学び、のちに宋紫石について画風を学ぶ。18歳になった波響は、松前に戻り家老見習いとして藩政に携わる一方、大原呑響や円山応挙に師事し画風を南蘋派から円山派に大きく変化させた。
1807(文化4)年、幕府は松前藩を格下げし、奥州梁川(現在の福島県)へと移封することになった。この懲罰的移封は藩主で波響の兄にあたる道廣(第8代)の豪慢と当時懸案化してきた北方問題にあったと云われている。
44歳となり家老として藩政の中枢を担っていた波響は、梁川移封後も松前への復領に心血を注いでいた。こうした状況の中、文化8年、交友のあった高龍寺11世華重禅海住職の頼みであった釈迦涅槃図を制作する為函館に渡る。この時の波響は、家老の職にあったとは思えないほど精力的に絵を描き続け、次々と名品を生み出し画人として最も円熟した時期であった。1821(文政4)年、復領し松前に戻った波響は家老の職を退き1826(文政9)年、63年の人生に幕を閉じた。
波響のその他の作品は、クナシリ・メナシの蜂起で松前藩に協力したアイヌの首長を描いた「夷酋列像」が代表作として知られている。
<當山では釈迦涅槃図の他に四時競色図・羅漢図・鶴亀図を所蔵>


高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」を見てきました

釈迦涅槃図

夷酋列像で知られる波響の釈迦涅槃図。今年は、本日まで一般公開されており、見ることができました。年に一度、4/1〜4/15に公開されますので、関心のある方は来年の日程にご留意ください。

実物を見るのと、写真を見るのとでは受ける印象が全く異なるものです。


高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 今年は4月1日から4月15日まで一般公開です

年に一度一般公開される高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 。今年は、4月1日から4月15日まで一般公開されています。午前9時から午後4時まで、無料で拝観可能です。

Facebookページで表示されているチラシデータでは、4/15(土)となってますが、15日(日曜日)の誤りでしょうか?

Shaka nehan zu by Kakizaki Hakyo (Koryuji Hakodate).jpg
By Kakizaki Hakyōhttp://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=112634, パブリック・ドメイン, Link