開拓使一覧


大野養蚕場〜その2

現在の大野農業高校正面東側に土塁に関する説明板が設置されている。ちょうど「北海道大野農業高等学校」と書かれた標柱に並んで立っている。

当時あったという表門の姿はよくわからないが、土塁は雪のない時期にその面影を見ることができる。大野文保研のページのかるた絵がわかりやすいので、リンクを下記に張らせていただく。

 

 土塁
明治3年開拓使は、この地に養蚕所を設け桑園を開いた。
ここは、開拓使長官黒田清隆の要請で酒田の士族が開墾にあたったところであり そのとき表門のあった場所で当時ここには大きな「とびら」が設けられこれをはさんで土塁がつくられていた。
この土塁は、山形の鶴岡藩士である榊原十兵衛、水野重敬等65名が、明治8年5月から9月下旬までかかって築造したもの
開拓使時代の桑園跡として名残りをとどめている本道唯一の土塁となっている。
 昭和56年10月24日
  北海道大野農業高等学校同窓会

 

■参考
大野文化財保護研究会>おおの郷土史かるた>


大野養蚕場

拙宅、大野農業高校に隣接しており、同校の周囲には「土塁」や「養蚕」に関わる由緒を記した標識が設置されている。かつてここには開拓使による大野養蚕場が置かれていたらしい。明治19年には德川義禮に無償貸与され、その後払い下げとなっている。養蚕事業自体は収支の関係からか明治45年には行われなくなっていたとのこと。

德川義禮は讃岐高松藩主松平頼聰の次男として文久3年に生まれた人物である。当該地、払い下げを受けた徳川に因み、のちに一般に徳川農場と呼ばれるようになった。


スポンサーリンク