鹿部町一覧

エスビーコショー

エスビーコショー

菊水食堂@鹿部町のテーブルに置かれていた業務用エスビーコショー缶。へこみ具合といい、使い込まれたように見えた缶は、なんとも店内の昭和な雰囲気とマッチしておりました。自宅での胡椒もこれにすべきか悩む…。


しかべ間歇泉公園

しかべ間歇泉公園

鹿部町の間歇泉公園に参りましたのは十数年ぶりでしたが、施設は十数年前と何ら印象の変わるところなく、常日頃からよく手入れされているのだな、と感じた次第です。10分弱の間隔で吹き出す熱水の迫力は圧巻ですし、それを見ながら入ることができる足湯も格別でありました。

しかべ間歇泉公園

しかべ間歇泉公園

間歇泉の周りを囲むかたちで施設が建設されております。本来はこの窓からも見ることができたのでしょうが、残念ながら長年の熱水の影響か、白く曇っておりました。少し先からは良く見ることができます。

しかべ間歇泉公園

足を温めながら見られるのは大変よろしゅうございました。

しかべ間歇泉公園

この熊、噛むようです。ご注意あれ。
 
 
■入園料:大人300円、小人200円(小中学生)
■開園時間:夏期8:30~18:00、冬期9:00~17:00
■休園日:毎月第4月曜日(祝日が月曜日にあたるときは翌々日)
■問合せ先:間歇泉公園(01372-7-5655)、鹿部町役場(01372-7-2111)
■参考:しかべ間歇泉公園(鹿部町サイト内)
 
 


菊水食堂@鹿部町のカツカレー

菊水食堂

菊水食堂

菊水食堂

カツカレーが食べたくなって鹿部まで行ってきました。菊水食堂です。カレー、甘口ですが、ボリューム満点です。

札幌市白石区菊水の菊水は、菊亭脩季侯爵の菊の字と豊平川の水をくっつけたのが由来だそうですが、鹿部町の菊水食堂の菊水は、何に由来するのでしょうか。ご存知の方おられましたらぜひご教示いただきたく存じます。

 

■菊水食堂
所在地:鹿部町字鹿部68-2
電話:01372-7-2164


ひょうたん沼公園

鹿部のひょうたん沼公園。2007年訪問。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

 

ひょうたん沼公園

2007年5月6日撮影。

ひょうたん沼公園について説明した、町設置の説明板の内容は次のとおり。

 

ひょうたん沼公園

Gourd Swamp Park

出来澗岬の真ん中に広がる湿地性の沼。自然豊な環境を有し周辺には水生植物が群生し多くの野鳥の飛来地となっている。また水面に映る駒ヶ岳の姿が神秘的な印象を与え、町民の憩い場として利用されています。

So called because it is shaped like a gourd, this is an area of natural swampland situated in the middle of Dekima Misaki.

Its rich enviroment attracts many wild birds and encourages a wide variety of aquatic plants to grow in lush profusion.

The reflection of Komagatake on the waters of the swamp enhances the park’s mystery. It is a place of rest and recreation for the people of Shikabe and their welcome visitors.

鹿部町

 


三味線滝

国道278号を鹿部から南下すると、道路沿いに現れるのが三味線滝である。

 

三味線滝

2007年5月6日撮影。

 

三味線滝

2007年5月6日撮影。滝の前に設置されたパネルの内容は以下のとおり。

 

景勝 三味線滝

昭和4年の駒ヶ岳大噴火により周辺の景色を損じたが、岩を流れ落ちる清流が三味線の音色にきこえることからこの名がついた。又、快晴の日にはこの場所から羊蹄山、昭和新山、有珠山を望むことができる。

 


スポンサーリンク