Eric Clapton一覧

Eric Clapton “Happy Xmas”

Happy Xmas

クラプトンのニューアルバム。クリスマスアルバム。とても良い。老いが味になっている。

Happy Xmas

  1. White Christmas
  2. Away In A Manger (Once In Royal David’s City)
  3. For Love On Christmas Day
  4. Everyday Will Be Like A Holiday
  5. Christmas Tears
  6. Home For The Holidays
  7. Jingle Bells (In Memory Of Avicii)
  8. Christmas In My Hometown
  9. It’s Christmas
  10. Sentimental Moments
  11. Lonesome Christmas
  12. Silent Night
  13. Merry Christmas Baby
  14. Have Yourself A Merry Little Christmas

Blues Anytime II

Blues Anytime II

1968年11月発売の”VOL.3″と1969年11月発売の”BLUES LEFTOVERS”とを2in1にした日本独自パッケージの編集版だそうです。

7曲目の”Miles Road”がクラプトンとペイジのセッション音源で、セッションらしいあぶなかっしい演奏が聴けます。

ライナーによれば、この音源の権利関係のトラブルにより、ペイジとクラプトンとの友情に亀裂が入ったらしく、興味深い背景をもった曲となっています。

  • Blues Anytime II
  1. Someday Baby(Cyril Davies and the All-Stars)
  2. Steelin'(The All-Stars featuring Jeff Beck)
  3. L. A. Breakdown(The All-Stars featuring Jimmy Page)
  4. Chuckles(The All-Stars featuring Jeff Beck)
  5. Down in the Boots(The All-Stars featuring Jimmy Page)
  6. Piano Shuffle(The All-Stars featuring Nicky Hopkins)
  7. Miles Road(Eric Clapton and Jimmy Page)
  8. Porcupine Juice(Santa Barbera Machine Head)
  9. Albert(Santa Barbera Machine Head)
  10. Rubber Monkey(Santa Barbera Machine Head)
  11. Howlin’ for My Darling(Stuff Smith)
  12. The Next Milestone(Albert Lee)
  13. Somebody’s Gonna Get Their Head Kicked In Tonight(Earl Vince and the Valiants)
  14. New Death Matter(Dave Kelly)
  15. Back Water Blues(Jo Ann Kelly)
  16. So Much to Say(Rod Stewart)
  17. Married Woman Blues(Dave Kelly)
  18. Water on My Fire(Albert Lee)
  19. Keep Your Hands Out of My Pockets(Jo Ann Kelly)
  20. Alabama Woman(Dave Kelly)
  21. Crosstown Link(Albert Lee)
  22. All Night Long(Dave Kelly)
  23. Down and Dirty(Simon and Steve)

Blues Anytime

Blues Anytime

もとは1968-1969年の音源。持っているのは2006年のリマスター盤。元4種類のコンピレーション・アルバムのうち2種類を1枚にまとめたのが本作。1〜12曲目が元の1集、13〜24曲目が元の2集らしいです。

ジミー・ペイジとクラプトンとのセッション曲が多く、当時かなり親密だったことがうかがえます。ミック・ジャガーがハープで演奏に参加している、という話も。

クラプトンらしいギターフレーズが出てきますが、使っているギターが違うのか音色が最近の音とはかなり違っていてザラザラした感じに聞こえます。

  • Blues Anytime I
    1. I’m Your Witchdoctor (JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS)
    2. Snake Drive (ERIC CLAPTON)
    3. Ain’t Gonna Cry No More (T.S.McPHEE)
    4. I Tried (SAVOY BROWN BLUES BAND)
    5. Tribute to Elmore (ERIC CLAPTON)
    6. I Feel So Good (JO-ANN KELLY)
    7. Telephone Blues (JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS)
    8. You Don’t Love Me (T.S.McPHEE)
    9. West Coast Idea (ERIC CLAPTON)
    10. Ain’t Seen No Whisky (JO-ANN KELLY)
    11. Flapjacks (STONE’S MASONRY)
    12. Cold Blooded Woman (SAVOY BROWN BLUES BAND)
    13. On Top of the Wordl (JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS)
    14. Someone to Love Me (T.S.McPHEE)
    15. Can’t Quit You Baby (SAVOY BROWN BLUES BAND)
    16. Draggin’ My Tail (ERIC CLAPTON & JIMMY PAGE)
    17. Dealing with the Devil (DHARMA BLUES BAND)
    18. Who’s Knocking (JEREMY SPENCER)
    19. Freight Loader (ERIC CLAPTON & JIMMY PAGE)
    20. Look Down at My Woman (JEREMY SPENCER)
    21. Roll ‘Em Pete (DHARMA BLUES BAND)
    22. Choker (ERIC CLAPTON & JIMMY PAGE)
    23. True Blue (SAVOY BROWN BLUES BAND)
    24. When You Got a Good Friend (T.S.McPHEE)

Sonny Boy Williamson and the Yardbirds – the Yardbirds

サニー・ボーイ・ウィリアムソンのバックバンドを務めたヤードバーズ。その一員としてのクラプトン。バックバンドのギタリストに徹しているのかどうかはわからぬが、クラプトンのギターは、良く言えば生真面目で初々しく、悪く言えばあまり特徴がない感じ。このアルバムに限らずヤードバーズ時代の音源を通してそのような印象。サニー・ボーイ・ウィリアムソンとの共演が、後のブルース追求の契機となったのだろうか?

  1. バイ・バイ・バード
  2. ミスター・ダウンチャイルド
  3. 23アワーズ・トゥー・ロング
  4. アウト・オブ・ザ・ウォーター・コースト
  5. ベイビー・ドント・ウォーリー
  6. ポンティアック・ブルース
  7. テイク・イット・イージー・ベイビー(ヴァージョン1)
  8. アイ・ドント・ケア・ノー・モア
  9. ライン河 (ボーナス・トラック)
  10. ロスト・ケア (ボーナス・トラック)
  11. ウェスタン・アリゾナ (ボーナス・トラック)
  12. テイク・イット・イージー・ベイビー(ヴァージョン2) (ボーナス・トラック)
  13. スモークスタック・ライトニング (ボーナス・トラック)
  14. レット・イット・ロック (ボーナス・トラック)
  15. アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド (ボーナス・トラック)
  16. 人は見かけによらぬもの (ボーナス・トラック)
  17. フー・ドゥ・ユー・ラヴ (ボーナス・トラック)
  18. スロー・ウォーク(ヤードバーズ・ビート) (ボーナス・トラック)
  19. ハイウェイ69 (ボーナス・トラック)
  20. マイ・リトル・キャビン (ボーナス・トラック)

参考


Having a Rave Up with The Yardbirds – the Yardbirds

Having a Rave Up with The Yardbirds - the Yardbirds

Having a Rave Up with The Yardbirds - the Yardbirds

1965年にリリースされたアルバムです。私の持っているのは2002年の紙ジャケット版です。オリジナルでは、1964年のクラプトン時代の4曲(ライブ音源)が入っているのに、紙ジャケ版になる際、この4曲がカットされ、ベックの16曲が追加されております。クラプトンファンには残念でならないのですが、大人の事情でもあったんでしょうね。きっと。

ベックのギターもかなり良くて、聴き応えのあるアルバムです。

  1. “You’re a Better Man Than I”
  2. “Evil Hearted You”
  3. “I’m a Man”
  4. “Still I’m Sad”
  5. “Heart Full of Soul”
  6. “The Train Kept A-Rollin'”
  7. “Heart Full of Soul”
  8. “Steeled Blues”
  9. “Shapes of Things”
  10. “New York City Blues”
  11. “Questa Volta”
  12. “Paff…Bum(Italian Issue)”
  13. “Paff…Bum(German Issue)”
  14. “What Do You Want” (demo, Take 4)
  15. “Jeff’s Blues” (“The Nazz Are Blue” demo)
  16. “Someone to Love” (“Lost Woman” demo, Part 1, Take 15)
  17. “Someone to Love” (“Lost Woman” demo, Part 2)
  18. “For RSG”
  19. “Like Jimmy Reed Again” (demo)
  20. “Chris’ Number” (demo)
  21. “Pounds And Stomps”
  22. “Stroll On”

参考


For Your Love – the Yardbirds

For Your Love

For Your Love

1965年、ヤードバーズ時代のアルバム。2曲目、”I’m Not Talking”のギターが良い、と思ったらJeff Beckだった…

  • Side one
  1. “For Your Love”
  2. “I’m Not Talking”
  3. “Putty (In Your Hands)”
  4. “I Ain’t Got You”
  5. “Got to Hurry” (take 3)
  6. “I Ain’t Done Wrong”
  • Side two
  1. “I Wish You Would”
  2. “A Certain Girl”
  3. “Sweet Music” (stereo, take 3)
  4. “Good Morning Little Schoolgirl”
  5. “My Girl Sloopy”

手元の紙ジャケ版CDには、上記のほかボーナストラックとして以下の曲が入ってます。

  1. “Baby, What’s Wrong” (demo)
  2. “Boom Boom” (A-side of German/Dutch “Honey in Your Hips”)
  3. “Honey in Your Hips” (B-side of “Boom Boom”)
  4. “Talkin’ About You” (demo)
  5. “I Wish You Would” (demo)
  6. “A Certain Girl” (demo)
  7. “Got to Hurry” (demo, take 4)
  8. “Sweet Music” (demo, take 4)
  9. “Heart Full of Soul” (demo, sitar version)
  10. “Steeled Blues” (B-side of “Heart Full of Soul”)
  11. “Paff…Bum” (shorter version, B-side of German “Shapes of Things”)
  12. “Questa Volta” (A-side of Italian “Paff…Bum”)
  13. “Paff…Bum” (longer version, B-side of “Questa Volta”)

参考


Five Live Yardbirds – the Yardbirds

Five Live Yardbirds - the Yardbirds

1964年、ヤードバーズ時代のライブアルバム。最初のアルバムがライブアルバムというのは珍しいのでは?

冒頭で「エリック・スローハンド・クラプトン」と紹介されており、当時からギターの腕前はかなりのものだったと推測されるものの、アルバム中では特段目立ったギターソロ等はなく、バッキングに徹しているように思われました。

キースのボーカルとハーモニカを前面に出したライブアルバムという印象です。

  • Side one
  1. “Too Much Monkey Business” Chuck Berry 3:51
  2. “I Got Love If You Want It” James Moore a.k.a. Slim Harpo 2:40
  3. “Smokestack Lightnin'” Howlin’ Wolf 5:35
  4. “Good Morning Little Schoolgirl” Don Level, Bob Love[a] 2:42
  5. “Respectable” O’Kelly Isley, Ronald Isley, Rudolph Isley 5:35
  • Side two
  1. “Five Long Years” Eddie Boyd 5:18
  2. “Pretty Girl” Ellas McDaniel a.k.a. Bo Diddley 3:04
  3. “Louise” John Lee Hooker 3:43
  4. “I’m a Man” McDaniel[b] 4:33
  5. “Here ‘Tis” McDaniel 5:10

手元の紙ジャケ版CDには、上記のほかボーナストラックとして以下の5曲が入ってます。

  • “Baby What’s Wrong” J.Reed
  • “Boom Boom” John Lee Hooker
  • “Honey in Your Hips” K.Relf
  • “Talking ‘bout You” C.Berry
  • “Honey in Your Hips(Live)” K.Relf

参考



Eric Clapton(2016)”I STILL DO”

I STILL DO

エリック・クラプトンの久しぶりのアルバム。年を重ねたせいかどうかはわかりませんが、全体的にほんわかとした柔らかい印象を受けました。アンディ・フェアウェザーロウとの共作曲(4曲目のSpiral)が入っているのも嬉しかったです。

 

 


スポンサーリンク