the Yardbirds一覧

Sonny Boy Williamson and the Yardbirds – the Yardbirds

サニー・ボーイ・ウィリアムソンのバックバンドを務めたヤードバーズ。その一員としてのクラプトン。バックバンドのギタリストに徹しているのかどうかはわからぬが、クラプトンのギターは、良く言えば生真面目で初々しく、悪く言えばあまり特徴がない感じ。このアルバムに限らずヤードバーズ時代の音源を通してそのような印象。サニー・ボーイ・ウィリアムソンとの共演が、後のブルース追求の契機となったのだろうか?

  1. バイ・バイ・バード
  2. ミスター・ダウンチャイルド
  3. 23アワーズ・トゥー・ロング
  4. アウト・オブ・ザ・ウォーター・コースト
  5. ベイビー・ドント・ウォーリー
  6. ポンティアック・ブルース
  7. テイク・イット・イージー・ベイビー(ヴァージョン1)
  8. アイ・ドント・ケア・ノー・モア
  9. ライン河 (ボーナス・トラック)
  10. ロスト・ケア (ボーナス・トラック)
  11. ウェスタン・アリゾナ (ボーナス・トラック)
  12. テイク・イット・イージー・ベイビー(ヴァージョン2) (ボーナス・トラック)
  13. スモークスタック・ライトニング (ボーナス・トラック)
  14. レット・イット・ロック (ボーナス・トラック)
  15. アイ・ウィッシュ・ユー・ウッド (ボーナス・トラック)
  16. 人は見かけによらぬもの (ボーナス・トラック)
  17. フー・ドゥ・ユー・ラヴ (ボーナス・トラック)
  18. スロー・ウォーク(ヤードバーズ・ビート) (ボーナス・トラック)
  19. ハイウェイ69 (ボーナス・トラック)
  20. マイ・リトル・キャビン (ボーナス・トラック)

参考


Having a Rave Up with The Yardbirds – the Yardbirds

Having a Rave Up with The Yardbirds - the Yardbirds

Having a Rave Up with The Yardbirds - the Yardbirds

1965年にリリースされたアルバムです。私の持っているのは2002年の紙ジャケット版です。オリジナルでは、1964年のクラプトン時代の4曲(ライブ音源)が入っているのに、紙ジャケ版になる際、この4曲がカットされ、ベックの16曲が追加されております。クラプトンファンには残念でならないのですが、大人の事情でもあったんでしょうね。きっと。

ベックのギターもかなり良くて、聴き応えのあるアルバムです。

  1. “You’re a Better Man Than I”
  2. “Evil Hearted You”
  3. “I’m a Man”
  4. “Still I’m Sad”
  5. “Heart Full of Soul”
  6. “The Train Kept A-Rollin'”
  7. “Heart Full of Soul”
  8. “Steeled Blues”
  9. “Shapes of Things”
  10. “New York City Blues”
  11. “Questa Volta”
  12. “Paff…Bum(Italian Issue)”
  13. “Paff…Bum(German Issue)”
  14. “What Do You Want” (demo, Take 4)
  15. “Jeff’s Blues” (“The Nazz Are Blue” demo)
  16. “Someone to Love” (“Lost Woman” demo, Part 1, Take 15)
  17. “Someone to Love” (“Lost Woman” demo, Part 2)
  18. “For RSG”
  19. “Like Jimmy Reed Again” (demo)
  20. “Chris’ Number” (demo)
  21. “Pounds And Stomps”
  22. “Stroll On”

参考


For Your Love – the Yardbirds

For Your Love

For Your Love

1965年、ヤードバーズ時代のアルバム。2曲目、”I’m Not Talking”のギターが良い、と思ったらJeff Beckだった…

  • Side one
  1. “For Your Love”
  2. “I’m Not Talking”
  3. “Putty (In Your Hands)”
  4. “I Ain’t Got You”
  5. “Got to Hurry” (take 3)
  6. “I Ain’t Done Wrong”
  • Side two
  1. “I Wish You Would”
  2. “A Certain Girl”
  3. “Sweet Music” (stereo, take 3)
  4. “Good Morning Little Schoolgirl”
  5. “My Girl Sloopy”

手元の紙ジャケ版CDには、上記のほかボーナストラックとして以下の曲が入ってます。

  1. “Baby, What’s Wrong” (demo)
  2. “Boom Boom” (A-side of German/Dutch “Honey in Your Hips”)
  3. “Honey in Your Hips” (B-side of “Boom Boom”)
  4. “Talkin’ About You” (demo)
  5. “I Wish You Would” (demo)
  6. “A Certain Girl” (demo)
  7. “Got to Hurry” (demo, take 4)
  8. “Sweet Music” (demo, take 4)
  9. “Heart Full of Soul” (demo, sitar version)
  10. “Steeled Blues” (B-side of “Heart Full of Soul”)
  11. “Paff…Bum” (shorter version, B-side of German “Shapes of Things”)
  12. “Questa Volta” (A-side of Italian “Paff…Bum”)
  13. “Paff…Bum” (longer version, B-side of “Questa Volta”)

参考


Five Live Yardbirds – the Yardbirds

Five Live Yardbirds - the Yardbirds

1964年、ヤードバーズ時代のライブアルバム。最初のアルバムがライブアルバムというのは珍しいのでは?

冒頭で「エリック・スローハンド・クラプトン」と紹介されており、当時からギターの腕前はかなりのものだったと推測されるものの、アルバム中では特段目立ったギターソロ等はなく、バッキングに徹しているように思われました。

キースのボーカルとハーモニカを前面に出したライブアルバムという印象です。

  • Side one
  1. “Too Much Monkey Business” Chuck Berry 3:51
  2. “I Got Love If You Want It” James Moore a.k.a. Slim Harpo 2:40
  3. “Smokestack Lightnin'” Howlin’ Wolf 5:35
  4. “Good Morning Little Schoolgirl” Don Level, Bob Love[a] 2:42
  5. “Respectable” O’Kelly Isley, Ronald Isley, Rudolph Isley 5:35
  • Side two
  1. “Five Long Years” Eddie Boyd 5:18
  2. “Pretty Girl” Ellas McDaniel a.k.a. Bo Diddley 3:04
  3. “Louise” John Lee Hooker 3:43
  4. “I’m a Man” McDaniel[b] 4:33
  5. “Here ‘Tis” McDaniel 5:10

手元の紙ジャケ版CDには、上記のほかボーナストラックとして以下の5曲が入ってます。

  • “Baby What’s Wrong” J.Reed
  • “Boom Boom” John Lee Hooker
  • “Honey in Your Hips” K.Relf
  • “Talking ‘bout You” C.Berry
  • “Honey in Your Hips(Live)” K.Relf

参考