鹿島神社(北斗市本郷)

 

境内が、ミニなパークゴルフ場になっているお茶目な鹿島神社です。

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

本郷村

本郷村の起源は大野の水田の歴史でもある。
『休明光記』に「すなわち丑年(文化二年)より開発せしむるに、その年一年に功を成すこと新田百五十町歩、田九十町歩字庚申塚・五十町歩字文月」とあり、これだけの大きな面積の開田は蝦夷地で初めてのことだった。
本郷の地名の由来は、庚申塚のあった所となっている。『新撰北海道史』にも「庚申塚のち本郷と称す」と記載されており、庚申塚が建てられたのは寛政8(1796)年で、文化2年の大開田より9年前のことである。
鹿島神社が寛政年間(1789〜1800)の鎮座となっており、このころから人家も増えたものと考えられる。
明治33(1900)年に大野村へ統一され、昭和7(1932)年の字名改正までは8つの字があった。同年、本郷、細入、白川の3つの字が制定された。

平成15年8月吉日
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会

旧本郷小学校

本郷小学校は、これまで開校と廃校の記録だけで、幻の学校であったが、「新大野町史」編さんに伴う調査で沿革誌や卒業証書が発見され、存在が明らかになった。
この学校は明治17年(1884)9月、大野小学校から独立、分離し、同32年の廃校まで、およそ16年間、独立校として存在した。校区は本郷、白川地区を中心とした当時の本郷村で、校舎は鹿島神社社務所付近にあったと伝えられている。
明治19年の「公立本郷小学校沿革誌」によると、この年の入学者は男子10名、女子2名、退学者は男女各1名で、秋季定期試験受験者は男子25名、女子3名、計28名とあり、相当数の生徒が通学していたことがわかる。教員には、五十嵐量平や高橋松三郎がいた。
廃校の理由には、大野小が明治30年10月、現在の役場所在地から現在地に移転し、通学が容易になったことが考えられる。廃校によって本郷小の児童は、鹿島神社横の通りで分断され、大野村側は大野小へ、市渡村側は市渡小へと通うことになった。

平成16年11月吉日
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社と庚申塚

鹿島神社の起源についてはつまびらかではない。市川十郎の「蝦夷実地検考録」では寛政年間(1789〜1801年)とし、村史では文政年間(1818〜1830年)となっている。この地が、文化年間(1804〜1818年)に箱館奉行の手で水田の開発が行われた頃は、庚申塚と称されていたので、鹿島神社の鎮守はその後であろう。
文化2年(1805年)箱館奉行の大開田が行われ、同時に民間人の白川伊右衛門(相馬藩士)も開田に努力しているが、数年で病没、兄の伊左衛門が後を継ぎ、箱館奉行の援助で水田開発を完成した。これを基盤として本郷村が形成された。
鹿島神社の祭神は、武甕槌大神である。農村には稲荷神社が多いのに、本郷だけに鹿島明神が奉祇されたのは異様であるが、本郷村の開祖と関係ある白川一族の渡来先の因由に基づくものであると考えられる。境内にある庚申塚は、大野で一番古いもので、寛政8年(1796年)に建てられた。当時の9名の有名人の名が刻まれている。
庚申信仰は、庚申の年に禁忌を要求したもので、村のはずれや辻に建てられたと言われている。また、ここにカツラの大樹が残されているが、明治初年の植樹である。

平成3年5月
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会


羽根付たい焼き 経堂 小倉庵

羽根付たい焼き 経堂 小倉庵

たこ焼きとたい焼きを購入。たい焼きは、小倉餡とカスタードクリームを選択。焼き立て熱々、羽根と皮はパリパリ。大満足です。

2017年5月28日訪問。

場所:函館市桔梗1丁目6-20
tel :0138-46-6600
定休日:毎週火曜日、第1・第3月曜日(祝祭日の場合変更有り)
営業時間: 11:00〜18:30 ※なくなり次第終了。


山口博(1979)『Ora et Labora』弘告社

山口博(1979)『Ora et Labora』弘告社

トラピスト修道院の貴重な写真集です。修道院の売店で購入しました。

“Ora et Labora”、祈れ働け。この言葉どおり、厳かで規律的な修道院での日々の祈りと生活の様子が伝わってきます。

1979年、昭和54年の発行。今から約40年前の修道院の様子です。数年前に中をご案内いただいた際の印象とほとんど変わっていないことから、日々の手入れが行き届いていることを実感します。


法亀寺のしだれ桜

法亀寺のしだれ桜

法亀寺のしだれ桜。今年もたくさんの方がいらしてました。ウソに蕾をやられて花が少ないと言われていましたが、それでも十分に見応えがあります。夜のライトアップはさらに素晴らしいものです。

法亀寺のしだれ桜と小山内龍

法亀寺は日蓮宗実行寺の末寺である。1849年(嘉永2)大野村東下町に法亀庵として建てられ、その後法亀寺に改称し、1889年(明治22)現在地に移転した。
境内にある一本のしだれ桜は推定樹齢300年で高さは12mくらい。
垂れ下がった枝いっぱいに花が咲く。これほど見事な桜は珍しいという。
また、小山内龍(本名澤田鉄三郎)は函館に生まれ東京で漫画家、絵本作家として活躍した。「昆虫放談」は名作である。1945年(昭和20年)戦災に遭い本町に疎開し翌年なくなった。小山内龍は法亀寺に眠っている。
法亀庵建立に尽力した中村金兵衛や大野小学校長田中幸次郎の墓、果樹王と呼ばれた岡山峰吉の碑などがある。
平成11年10月
大野町教育委員会
平成18年2月1日より北斗市教育委員会

 

岡山峰吉の碑

碑文は「岡山峰吉(みねきち)君は理想に近き実業家なり。君を失いしは大野村の一大損失にして、その誇りとする青年の指導者を失いしなり」の一節から始まる。
明治末期から大正中期にかけて、村民から「果樹王」と呼ばれた岡山峰吉は、明治4年(1871)、茨城県河内郡太田で生まれた。同31年7月、夕張、長沼を経て、単身大野へ移住している。峰吉の果樹園はかつて山田致人(むねと)が果樹園を試みた地で、苗床10町歩、果樹園10町歩を経営し、りんご、なし、桜桃(おうとう)、ぶどうを栽培、年産額1万円の収穫を得るまでに成功したことが碑文に記されている。
その努力と大成功に村民から敬愛されたが、大正9年(1920)3月、数え年50の春に他界した。石碑は同年6月、峰吉の妻・蘭によって向野の道路沿いに建てられ、後に法亀寺に移された。碑文を書いた伊藤松太郎は函館の教会の牧師で、峰吉は熱心なクリスチャンでもあった。
短命で後継者のない、はかない果樹王であったが、法亀寺の墓に刻まれた遺言と思われる「我は復活也生命なり」という句から、世俗を達観した人であった。
平成18年3月吉日
北斗市教育委員会

参考


さくらソフトクリーム@鈴木牧場牛乳 2017

鈴木牧場牛乳

自宅から徒歩5分の鈴木牧場牛乳。今日も車が続々と駐車場に並びます。ナンバーを見ると「札幌」「旭川」などの文字があったので、ゴールデンウィークで来られた方なんでしょうね。

法亀寺の枝垂れ桜と並ぶ向野の観光スポットのひとつであります。

渡島総合振興局のサイトによれば、

大正9年創業以来、地域に親しまれてきた歴史の長い老舗ブランドです。
創業当初から、町内全域を対象とした牛乳配達をメインに、酪農業に携わってきました。
直売所が平成14年7月にオープン!

とのことで、かなり歴史のある牧場です。

北海道渡島総合振興局 産業振興部農務課>鈴木牧場牛乳2017-04-30(Sun) 21:52:45アクセス

さくらソフトクリームは、季節限定なのでお早めにどうぞ。

鈴木牧場牛乳

牛も見えます。


シュガートースト@ボーバンベーク

シュガートースト@ボーバンベーク

最も好きなパンのひとつ、シュガートースト。口の周りに付着する砂糖、床に散らばる砂糖、いずれもご愛嬌。

パン屋でもあまり見かけないのですが、ボーバンベークではバタースコッチとしていつも置いてあります。今日は、2つ残っていたのを買い占めました。満足。

  • ボーバンベーク
  • TEL:0138-73-5801
  • 所在地:北斗市飯生3丁目4-9
  • 月曜定休


白いカタクリ

白いカタクリ

白いカタクリ

4/23にも見に行った匠の森公園のカタクリ。本日(4/29)再訪。花びらがかなりくたびれて、シワシワになってきてました。

現場にて、白いカタクリに出会ったのですが、かなり珍しいそうです。数万本に1本とか。「白変種」というみたいで、以下のサイトが参考になります。

特集「白いカタクリの花」2017-04-29(Sat) 21:25:02アクセス


大野川沿いの桜並木

大野川沿いの桜並木

大野川沿いの桜並木

大野川沿いの桜並木。法亀寺の枝垂れ桜とも距離が近いので春にはたくさんの方がお見えになります。が、残念ながら今日はまだつぼみ。今年は、ゴールデンウィークが見頃となりそうです。

この桜は、昭和34年に当時の皇太子殿下(今上天皇)のご成婚を祝して大野町が植えたもの、とのこと。もともと150本ほどあったそうですが、道路整備等の工事で伐採されたり、枯れたりしたほか、羊に荒らされたこともあって、減ってしまったらしいです。

60年前、大野川沿いにめん羊が放されていた、というのがとても興味深いです。

(平成29年4月29日訪問)

大野川沿いの桜並木

ご成婚記念の桜並木
大野川に沿って南北に走る町道本郷川原町通線の両側に、ソメイヨシノを中心としたおよそ100本の桜並木がある。この桜は昭和34年(1959)、当時の皇太子殿下(今上天皇)のご成婚を記念して、町が植えたもので、5年ほど育苗した苗木を取り寄せ、町民の協力で植樹された。
当初は150本ほど植えられたが、その後の道路整備や河川改修で伐採されたり、一部が枯れたりして減ってしまった。当時は大野川沿いに、めん羊がよく放され、苗木を荒らされたともいわれている。
樹齢も50年を過ぎ、例年、5月上旬には満開となる。この桜並木通りを歩行者天国にして夜の花見を楽しもうと、桜の木をライトアップした「夜桜インおおの」が昭和63年から8年間続けられた。
また、本郷橋から鹿島橋までの土手に、樹径30センチほどの若い八重桜が37本植えられている。標柱には「今上天皇御即位記念樹」とあり、平成元年(1989)の植樹である。
平成16年11月吉日
大野町教育委員会
平成18年2月1日より北斗市教育委員会


カタクリ@匠の森公園

カタクリ

カタクリ

匠の森公園。カタクリの花が見頃となってました。ご覧になりたい方は、お早めにどうぞ。

注意看板を無視して、写真を撮ってしまいました。すいません。

カタクリ

そういえば、パノラマ展望台に登る途中、7合目付近にて道路上にいる鹿2頭を発見しました。道南でも増えてきているんですね。


ルイス・フロイス著(1991)『ヨーロッパ文化と日本文化』岩波文庫

原題は、『日欧文化比較』。イエズス会の宣教師ルイス・フロイスが、天正13(1585)年に加津佐でまとめたもの。安土・桃山時代の日本の生活や文化を知るための貴重な史料となっています。

特に印象的だった点をいくつか。

ヨーロッパでは嬰児が生まれてから殺されるということは滅多に、というよりほとんど全くない。日本の女性は、育てていくことができないと思うと、みんな喉の上に足をのせて殺してしまう。(p.51)

衝撃。命の重さすら絶対的ではなく相対的なものなのか。堕胎についても「日本ではきわめて普通」との記載あり。

われわれの子供は大抵公開の演劇や演技の中でははにかむ。日本の子供は恥ずかしがらず、のびのびしていて、愛嬌がある。そして演ずるところは実に堂々としている。(p.66)

今だと逆の評価では? 日本人の子供は恥ずかしがり屋でもじもじ、一方、欧米の子供は実に堂々と自己主張する、といった風に。(注に、「武士の子弟の演ずる舞や能などを指すものと思われる」とあり。)

われわれの間では酒を飲んで前後不覚に陥ることは大きな恥辱であり、不名誉である。日本ではそれを誇りとして語り、「殿 Tono はいかがなされた。」と尋ねると、「酔払ったのだ。」と答える。(p.101)

その他、当時、ヨーロッパの風習と比較してフロイスが異様に感じた日本の文化ですが、今の日本と比べてみて異様に感じることや、昔から変わらないこと等に気付かされます。

目次

  • 解題
  • 第1章 男性の風貌と衣服に関すること
  • 第2章 女性とその風貌、風習について
  • 第3章 児童およびその風俗について
  • 第4章 坊主ならびにその風習に関すること
  • 第5章 寺院、聖像およびその宗教の信仰に関すること
  • 第6章 日本人の食事と飲酒の仕方
  • 第7章 日本人の攻撃用および防禦武器について―付戦争
  • 第8章 馬に関すること
  • 第9章 病気、医者および薬について
  • 第10章 日本人の書法、その書物、紙、インクおよび手紙について
  • 第11章 家屋、建築、庭園および果実について
  • 第12章 船とその慣習、道具について
  • 第13章 日本の劇、喜劇、舞踊、歌および楽器について
  • 第14章 前記の章でよくまとめられなかった異風で、特殊な事どもについて
  • あとがき
  • 岩波文庫あとがき(高瀬弘一郎)

スポンサーリンク