函館市

函館市

傷心惨目の碑

傷心惨目の碑は、新政府軍に惨殺された旧幕府脱走軍の会津藩士を弔うため建てられた。
函館市

高龍寺蔵 蠣崎波響筆 釈迦涅槃図

高龍寺宝の蠣崎波響筆釈迦涅槃図。毎年4/1〜4/15まで一般公開されます。
函館市

遺愛学院のクロッカス

今年の遺愛のクロッカスは、今週から来週にかけてが見頃かと思われます。2019年4月13日訪問。
函館市

史跡 志苔館跡

2018年10月20日撮影。 説明板 史跡 志苔館跡 昭和9年8月9日史跡指定 昭和52年4月27日史跡追加指定 志苔館跡は、函館市の中心部から約9キロメートル離れた標高25メートル程の海岸段丘南端部に位置している。 西側には志海苔川が流れ、南側は志海苔の市街地および津軽海峡に面し、函館市街や対岸の下北半島を一望することができる。 館跡は、ほぼ長方形をなし、四方は高さ2〜4メートル、幅10〜15メートルの土塁で囲まれ、その外側には、壕が巡らされている。 郭内は、東西70〜80メートル、南北50〜65メートルで、約4100平方メートルの広さがある。 また、館跡の正面にあたる西側には、二重に壕が掘られ、さらに外側に小土塁が巡らされている。 松前藩の史書『新羅之記録』によると、室町時代頃、道南地方には12の和人の館があり、...
函館市

外国人墓地(プロテスタント墓地)

2018年10月8日撮影。 説明板 外国人墓地(プロテスタント墓地) 誰というとなくこの墓地を外国人墓地と呼んでいますが、必ずしも外国人ばかりでなくキリスト教徒である日本人の墓も混じっています。 しかし、当時函館で他界した外国人は、ほとんどこの墓地に埋葬されていることから、外国人墓地の名ができたのでしょう。 古くは、安政元年(1854)4月ペリーが艦隊を率いて来航したとき死亡した水兵ウオルフ(50才)、レミック(19才)の墓をはじめ、ドイツ代理領事ハーバー、デンマーク領事デュース、函館で倉庫業を営んでいたイギリス人スコットの墓など40基あります。 函館市 CEMETERY FOR FOREIGNERS Almost all foreigners who died in Hakodate were buried in this CEMETE...
函館市

万平塚

場所は地蔵寺入り口。万平なる人物についての詳細は不明。 2018年10月8日撮影。 説明板 万平塚 石川啄木の歌に、「むやむやと 口の中にてたふとげの事を呟く 乞食もありき」というのがあるが、この乞食こそ明治から大正にかけての函館の名物男で名を万平といった。 ユーモアがあり、人から恵んでもらわない気骨のある乞食で、毎朝ゴミ箱を探し歩き、その家の人物評を日記風に書き残した。 一例を上げると「11月1日(明治39年)今朝好天気なれば先以て山田邦彦君(函館区長)の芥箱を探しにゆく。流石に山田君の夫人は、文明の空気を吸われつつあり、豚の脂身一塊、大根の皮と共に捨てられてるは、西洋料理の稽古最中と覚ゆ…」などとある。 この塚は、大坂から所用で来た鉄工場主「藤岡惣兵衛」が、万平にタバコの火を借りようとした際「帽子も取らずに」となじられたが、その人柄に感じ入り...
函館市

有無両縁塔

地蔵寺の入り口に建てられている有無両縁塔は、元治元(1864年)に、遊郭の経営者たちが引き取り手のない遊女などを供養するために合同で建立したものです。 2018年10月8日撮影。 説明板 有無両縁塔 この「有無両縁塔」は、元治元(1864年)に、当時の遊郭の経営者たちが、引き取り手のない遊女などを供養するために、合同で建立した供養塔である。 かつて山ノ上町と呼ばれた界隈(現在の船見町周辺)には、多くの遊女屋があって賑わっていたが、箱館奉行が安政5(1868)年に、その一画を山ノ上遊郭として公認してからは、整備も進んでいった。さらに、翌年の開港に伴い、日本各地の商人や外国人の往来が盛んになり、遊郭も一層の賑わいをみせるようになった。 この碑は、開港という新しい時代の陰に、遊郭で働き、ここで生涯を終えざるを得なかった女性たちがいた事実を残すもので...
函館市

立待岬

2018年10月7日撮影。 説明板 立待岬 この地名は、アイヌ語のヨコウシ(待ち伏せするところ、すなわち、ここで魚を獲ろうと立って待つ)に因むという。 18世紀末に幕府が蝦夷地を直轄すると、警備のため、ここに台場が築かれたことがあった。また、第二次世界大戦中は、要塞地帯法により市民は立ち入りを禁じられていた。 現在は、津軽海峡を望む景勝地として、多くの観光客が訪れている。 近くには石川啄木一族の墓や与謝野寛・晶子の歌碑もある。 函館市 CAPE TACHIMACHI ("YOKO-USHI" ORIGINAL AINU PLACE NAME) TACHIMACHI is derived from the Ainu name for this cape "YOKOUCHI." YOKOUSHI means "the place ...
函館市

亀田八幡宮例大祭

15年ぶりの亀田八幡宮例大祭。まだ明るいうちから。函館に来て、最も祭らしい祭だと感じています(函館八幡宮のお祭りは行ったことがないのですが。)。 亀田八幡宮、旧社殿は函館最古の建物だったはず。人が多く写真は撮らず。
函館市

洋式帆船「箱館丸」

2018年6月30日撮影。 説明板 日本最初の洋式帆船「箱館丸」 幕府は、安政元年3月、日米和親条約を締結、下田箱館の2港が開港されることとなった。 箱館奉行所では、幕府に対し蝦夷地の警備および、開港に伴う外国船舶との交渉上、奉行所所属の船舶が必要となり、箱館で造ることを申請し許可されたため船大工續豊治に造船の命令をくだし、安政4年11月完成、船名を「箱館丸」とした。 日本造船界に偉大なる貢献をもたらしたこの「箱館丸」は、日本人の創造設計による日本で最初に造られた洋式帆船であり箱館(函館)の人により箱館(函館)で造られたことに意義深いものがある。 續一郎・弘前市立弘前図書館・市立函館図書館資料提供 寄贈者 寄贈者 三笠市 続 博(設計建造者 続 豊治 六代目) 函館市 加藤 曻(函館市功労者) この箱...
タイトルとURLをコピーしました