NO IMAGE

北海道Likersで「おぐにビーフ」が紹介されていました

大地を創る人。「牛も、みんな違って、みんないい」。小国美仁さん(北斗市) | 北海道Likers 北海道Likersにて、北斗市おぐにビーフの小国美仁さんが紹介されています。 「いい肉を作ることではなく、儲かる肉を作ること。僕は、そうしたやり方にまったく賛同できません」 小国さんのテーマはこの一言に集約されていると思います。快適な環境で牛を育て、肉本来の良さを追求する。それが「おぐに...

道の駅なないろ・ななえ

道の駅なないろ・ななえ

最近オープンした「道の駅なないろ・ななえ」に行ってきました。閉店間際だったにも関わらずたくさんの人で賑わっており、とても活気がありました。大沼、山川牧場、ガラナ、はこだてワイン、りんごなどなど、身近な七飯にたくさんの魅力があることを再認識した次第です。向野から、車で10分くらいの近さ。周辺には、ラッキーピエロ、昆布館などがあり、文句なしの立地だと思います。 道の駅なないろ・ななえ 七飯町&...

NO IMAGE

「松前城資料館が開館 展示内容大幅リニューアル」(函館新聞)

松前城のなかの展示が大幅リニューアルされ、18日からオープンしたそうです(eHakodate(記事の提供元は函館新聞)の記事より。)。桜祭りで混み合う前に行ってみるのがよろしいかと。 松前城資料館(町松城)が18日から、展示内容を大幅リニューアルして開館している。北海道命名150年を記念して、城の縄張り図を発掘調査資料、絵図などと合わせて一堂に展示し、「最後の日本式城郭」の築城から終焉まで...

2月25日付けの読売新聞「編集手帳」について

2月25日付けの読売新聞「編集手帳」について

読売新聞のコラム「編集手帳」。永年、同コラムの筆者を務めた竹内政明氏は、文末を「…だ」としないこと、「定番」という語を用いないことを語っておられました1。 先日、同コラムの筆者が交代されたとの記事を見ていたのですが、2月25日の編集手帳に「…だ」と「定番」が登場したのを見て、本当に交代されたのだなぁと実感したのであります。 2月25日付けの編集手帳、国立民族学博物館で開催されている藤戸竹喜さん...

NO IMAGE

「槻の木の広場」とされる飛鳥寺西方遺跡で細長い建物跡発見

「槻の木の広場」とされる飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)で飛鳥時代のものとみられる細長い建物跡が見つかったそうです。 村教委によれば、国内最古の本格的寺院とされる飛鳥寺の西門跡から北西約140メートル離れた調査地で、16個の柱の穴(1辺90センチ~135センチ)を確認。少なくとも東西19.2メートル、南北4.8メートルの建物があったとみられる。 猪熊兼勝・京都橘大名誉教授(考古学...

NO IMAGE

平成29年度北斗市歴史講座

北斗市郷土資料館で開催される歴史講座。講師は、長谷部さんと松崎さん。これは面白いお話が聞けそうです(平日なので参加は難しそう...)。 29年度歴史講座 受講者募集 - 北斗市 第1回 12月18日(月) 道南地方のアイヌ文化-菅江真澄が観た蝦夷風俗- 講師 長谷部一弘氏(函館市縄文文化交流センター学芸員) 第2回 1月24日(水) 下之国矢不来館跡と上之国勝山館跡-蠣崎氏の台頭...

NO IMAGE

木古内町幸連5遺跡で人の顔が描かれた縄文時代中期後半(約4300年前)の石製品出土

三角形の板状の石に目や眉などが黒色の顔料で描かれている。縄文時代の顔の絵は極めて珍しく、顔料で描かれ、また石製品に描かれている絵が見つかったのは全国で初めて。(北海道新聞) 素人の私には、顔と言われれば顔のような...といったレベルで恐縮ですが、きっと顔なんでしょうね。週刊少年ジャンプのロゴのような。 土器ではなく石製品、というのも珍しいかと。 縄文期石製品に「人の顔」 木古内・幸連...

NO IMAGE

函館ハリストス正教会 復活聖堂を耐震化(毎日新聞)

北海道函館市の観光名所で国の重要文化財「函館ハリストス正教会」の復活聖堂が、2020年ごろにも本格的な耐震工事を実施することになった。1916年に現聖堂が建造されてから100年以上経過し、地震などで今後、被災する恐れもあるためで、今年度耐震診断を開始した。 毎日新聞 「重要文化財 函館ハリストス正教会 復活聖堂を耐震化」(2017-11-21(Tue) 22:49:43 アクセス) 函...

NO IMAGE

江差町の斉藤籠店

T-SITE>「北海道・江差町の〈斉藤籠店〉へ。東北や道南の竹でつくられ、丈夫で毎日使いたくなるかご」(2017-11-09(Thu) 23:09:33 アクセス) 店頭横にある、20畳もの畳間でかごをつくる職人の姿は、2006年に弘文さんが亡くなって以来絶えていますが、ここでかごを売り続けたいという思いから純子さんは「斉藤製籠店」を廃業させ、新たに〈斉藤籠店〉の店主としてお店を受け継...

第6回特別展 北海道・北斗市 指定文化財展 15世紀陶器〜17世紀円空仏〜19世紀絵図まで

第6回特別展 北海道・北斗市 指定文化財展 15世紀陶器〜17世紀円空仏〜19世紀絵図まで

北斗市郷土資料館特別展に行ってきました。 円空仏3体が並ぶのはとても貴重なことで、おそらく最初で最後になろうかと思われます。 上磯八幡宮蔵の円空仏(左) どうして上磯八幡宮に伝わったのかは不明。蓮華座が欠けているのは、ケースに収納するために削られたものらしいです。 曹渓寺蔵の円空仏(中) 訳あって顔面が削られ、また訳あって蓮華座付近が削られている悲しみを背負った一体。 富川八...