函館市

有無両縁塔

地蔵寺境内(入口横)に建てられている有無両縁塔は、引き取り手のない遊女などの供養のため遊郭経営者たちが合同で建立したものである。
2022.07.31
函館市

万平塚

函館市船見町の地蔵寺墓地入口に万平塚が建てられている。万平という人物は、明治の頃、船魂神社脇の岩穴に住んでいた乞食で、教養が深いことで知られていた。また、石川啄木とも関わりがあったらしい。
2022.07.31
函館市

天下の号外屋翁の墓

船見町の墓地でも一際目を引く赤い墓は「赤墓」と呼ばれ広く知られているが、赤墓に眠る信濃助治という人物について詳しいことはわかっていない。函館市の説明板によれば、全身に赤色のものを纏う変わり者だったようである。
2022.07.31
函館市

沖之口番所跡

撮影:2022年6月12日 撮影:2022年6月12日    沖之口番所跡 江戸時代、松前藩は藩財政を支える施策の一つとして、福山(現松前)に船舶、積荷、旅人を検査して規定の税金を徴収する「沖之口番所」を創設した。その後、江差...
資料集

亜墨利加一条写

「亜墨利加一条写」は、箱館内澗町2丁目にて雑貨清酒類販売店舗を営んでいた名主小嶋又次郎が、嘉永7(1854)年ペリー箱館来航時の状況を記録したものである。以下、函館市中央図書館デジタル資料館で公開されている画像データを翻刻した。なお、函館...
2022.06.22
函館市

ペリー会見所跡

撮影:2022年6月12日 撮影:2022年6月12日 撮影:2022年6月12日    ペリー会見所跡 安政元年(1854年)3月、アメリカ海軍提督M.C.ペリーは、幕府との間に日米和親条約を締結し、その直後、5隻の艦...
函館市

大正湯

函館市弥生町の大正湯。創業は大正3年で、現在の建物は昭和2年に建て替えられたものだが、脱衣所は建築当時のままとのこと。函館市景観形成指定建築物となっている。 撮影:2021年9月24日 撮影:2021年9月24日 撮影:...
2022.06.19
函館市

遺愛学院(旧遺愛女学校)旧宣教師館

遺愛学院旧宣教師館、通称ホワイトハウスは、明治41(1908)年、アメリカから来た教師の住まいとして建築家ガーティナーの設計により建てられたものである。 撮影:2022年4月2日 撮影:2022年4月2日 明治41(19...
2022.06.19
函館市

東本願寺函館別院船見支院

撮影:2021年9月24日 撮影:2021年9月24日 撮影:2021年9月24日 撮影:2021年9月24日    東本願寺函館別院船見支院 船見支院は、日本最初の鉄筋コンクリート寺院として名高い元町の東本願寺函...
2022.06.19
函館市

弁天岬台場跡

撮影:2021年9月24日 撮影:2021年9月24日    弁天岬台場跡 西洋列強からの圧力が増してきた江戸末期に、幕府は蝦夷地を2度目の直轄領とした。安政元年(1854年)、箱館奉行竹内下野守と堀織部正は、箱館の警備につい...
2022.06.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました