函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

この建物、「ティーショップ夕日」というオシャレで眺望の素晴らしい(まだ行ったことないので正確には「素晴らしいであろう」。)カフェとして活用されています。

函館検疫所台町措置場(旧函館消毒所)跡

明治18年(1885年)、内務省は防疫体制の強化を図るため、当時の主要6港(函館、横浜、神戸、下関、長崎、新潟)に日本で最初の常設消毒所を建設しました。函館では現在地に施設が建てられ、唯一残ったこの建物は事務所として使用されたものです。

明治29年(1896年)3月、函館検疫所と改称され業務をおこなってきましたが、特に昭和20年(1945年)には、敗戦により樺太方面などからの引揚者の検疫にあたり、医療や援護にと活躍しました。

昭和43年(1968年)、検疫所は市内海岸町に落成した港湾合同庁舎内に移転し、平成4年にこの施設も廃止されました。

施設の中で唯一残ったこの事務所は、全国的にも数少ない初期港湾施設の遺構として、平成元年に市の景観形成指定建築物となっています。

函館市

THE HAKODATE QUARANTINE OFFICE IN DAI-MACHI (FORMER HAKODATE DISINFECTIONS OFFICE)

In order to strengthen the epidemic preventative measures, in 1885, the Interior Ministry established disinfections facilities in the following major trading ports: Hakodate, Niigata, Yokohama, Kobe, Shimonoseki and Nagasaki. This is where the facility was built in Hakodate. The only remaining building on the site was used as its main office.

It was renamed as the Hakodate Quarantine Office in March of 1896. Especially during the period following the end of the Second World War in 1945, it played an important role in the medical treatment and support of repatriates to Japan from Sakhalin.

The Hakodate Quarantine Office was annexed to the Joint Government Port Building in Kaigan-cho in 1968, and the facility here was demised altogether in 1992.

The building was designnated as a historical building by the City of Hakodate in 1989 and represents as one of the few remnants of early port facility architecture in Japan.

CITY OF HAKODATE


天下の号外屋翁の墓

天下の号外屋翁の墓

赤墓で有名な信濃助治の墓。相当変わった方だったようです。詳細は、以下の函館市の説明板の内容をご参照ください。

信濃助治は、明治27(1894)年6月、衣類・コート・帽子・足袋のはてまで赤ずくめで来函した。

同年11月、日清戦争の頃、彼は北海新聞の号外を函館市民にまいて”天下の号外屋”と称して売り出し、「赤服」と呼ばれていた。

「赤心」(いつわりの無い心)は日本武道の精髄を表すとして、すべて赤色を用いたとのことである。

日清戦争終結後は、戦勝記念に名将軍を全国に訪ねて書を頼むなど、奇行の多い人だったので、当時の地元の新聞にも奇人として紹介されている。

函館市

THE GRAVE OF AN EXTRA EDITION NEWSPAPER DISTRIBUTOR

In June 1894 (Meiji 27) Shinano Sukeji came to Hakodate. He dressed in red from hat to “tabi” socks.

One day in November of the same year, during the Sino-Japanese War (1894-5) Sukeji distributed Hokkai Newspaper’s extra edition news to the citizen on the street and thus made a name for himself as “An extra edition newspaper distributor”. Eventually, he was called “Akafuku”, or “Mr.Red Clothes”.

The reason he dressed in red was because in Bushido, the spirit of samurai, the Chinese character “Sekishin”, or “red heart” represented “sincerity”.

After the Sino-Japanese War, old Sukeji made great effort to visit well-known generals and admirals in every corner of the country to ask for their writings and signatures in celebration of this victory.

He became well known for his eccentric habits, and the local newspaper introduced him as a man of unusual character.

CITY OF HAKODATE


アイヌ文化コラボ居酒屋、海空のハル(札幌市)

海空のハル

飛び込みで入った居酒屋「海空のハル」。とても良かったです。アイヌ文化とコラボしためずらしい居酒屋でした。チセを模した個室もあるようです。

北海道居酒屋は最近増えてますが、アイヌにフォーカスした居酒屋というのは珍しい。鹿肉など珍しい食材や料理がメニューに並んでいるのも良かったです。

キンキの飯寿司。美味でした。



函館の基礎を築いた堀川乗経、日本地震学創始者ジョン・ミルンとその妻トネ

堀川乗経、ジョン・ミルン、トネ夫妻

堀川乗経、ジョン・ミルン、トネ夫妻

函館発展の礎を築いた堀川乗経。日本地震学創始者ジョン・ミルン。ジョン・ミルンの妻で堀川乗経の長女トネ。並んで船見町(函館市船見町26番地)の墓地に眠っています。

ジョン・ミルン、明治11年の函館での発掘は、モース、ブラキストンと一緒に貝塚発掘をしたそうで、トネとの出会いもブラキストンの紹介らしいです。

函館市観光標識

堀川乗経

堀川乗経は、陸奥国(青森県)下北郡川内村の浄土真宗本願寺派願乗寺住職の次男で、初め法恵と称し、天保12年(1841年)に蝦夷地(北海道)に来て、その事情を見て歩きました。
蝦夷地に同派の寺がないことを知った法恵は、安政2年(1855年)本山の許可を得た後、同4年(1857年)に小樽に願乗寺出張所を、また箱館の地蔵町(現東川町)に願乗寺休泊所を創設しました。
これが現在の浄土真宗本願寺派函館別院です。
法恵は、安政6年(1859年)北陸地方の農民を清水郷(現上磯町)に入植開墾させました。また同年、水利の便が悪い箱館市中に掘割を開削して亀田川の水を引き、飲料水として給水しました。この掘割は全長2900m、橋を8箇所設け、工事費7300余両を費やした大事業で、願乗寺川あるいは堀川と呼ばれ、市街地が東部へ発展する要因となりました。なお、明治22年(1889年)上水道が完成したとき、掘割は埋め立てられました。

Jokyo Horikawa

Jokyo Horikawa, previously named Houkei, was the second son of a chief priest of Ganjoji Temple. Ganjoji Temple was a branch of Honganji Temple of the Jodo-shin sect at Kawauchimura in Mutsu (now Aomori Prefecture).
Houkei came to Ezo (now Hokkaido) in 1841 for the first time to study the religious situation in the district. Upon finding out that there weren’t any temples of the Honganji sub-sect in Ezo, he built a branch in Otaru after being given permission in 1857. He also built a place for people to rest and sleep at Jizou-cho (now Higashikawa-cho) in Hakodate. This place is now called Hakodate Betsuin (branch) of Honganji Temple of the Jodo-shin sect.
In 1859 Houkei let farmers in Hokuriku District settle in Shimizu-gou (now Kamiiso-cho) to cultivate new land. In the same year, he let them dig a canal, supplying drinking water from the Kameda River, and supplemented the insufficient water supply in Hakodate. The canal, called the Ganjoji River or the Horikawa River, was 2,900 meters long and was crossed with 8 bridges. It was a large-scale construction project, costing over 7,300 ryo, which resulted in the urban area expanding eastwards. When a new water supply system was completed in 1889, the canal was filled in.

ジョン・ミルン、トネ夫妻

イギリス人ジョン・ミルンは、工部省の招きで明治9年(1876年)に来日し、工部大学校や東京帝国大学で鉱山学、地質学を教えました。また、日本の地震に興味をもち、地震計を考案して日本全国を観測し、明治13年(1880年)日本地震学会を創設するなど、わが国の地震学の創設者の一人であり、近代地震学のもとを築きました。
ミルンは、明治10年(1877年)に地質調査のために来函し、翌年も先住民族の貝塚などを調査するため函館を訪れています。明治14年(1881年)東京で堀川乗経の長女トネを知って結婚し、明治28年(1895年)トネを伴ってイギリスに帰国しました。大正2年(1913年)ミルンの死去後、トネは病身となり大正8年(1919年)函館に帰り、大正14年(1925年)世を去りました。
この墓地には、堀川乗経とジョン・ミルン、トネ夫妻の墓があります。

 John and Tone Milne

In 1876 an English man named John Milne was invited to Japan by the Engineering Ministry to teach mining engineering and geology at Kobu University and Tokyo Teikoku University, Becoming interested in the study of earthquakes in Japan, he invented a seismometer and made seismological observations all over Japan. He is now known as one of the fornders of seismology in Japan, and helped establish the Seismological Society of Japan in 1880.
In 1877 he came to Hakodate to conduct geological research. The following year he returned to Hakodate to survey the shell mounds of an ancient indigenous settlement. In 1881 he married Tone, the eldest daughter of Jokyo Horikawa, in Tokyo and in 1895 he returned to England with her.
After his death in 1913, Tone’s health deteriorated and she returned to Hakodate, where she lived until she passed away in 1919.
The tombstones for Mr. and Mrs. Milne and Jokyo Horikawa are here in this graveyard.

参考

地図


旬味 「千 SEN」

旬味 「千 SEN」

日本史ゼミによる暑気払い。五稜郭の居酒屋 旬味「千 SEN」にて。スタートから豪華なふぐ刺しに度肝を抜かれる、美味しく楽しいひとときでした。お酒の種類も豊富です。

函館における今後一層のアイヌ研究、縄文研究の深化を期待します。

 

お店については、以下の公式サイトを御覧ください。


日本最古の観覧車@函館公園「こどものくに」

函館公園「こどものくに」の観覧車は、現役で稼働している日本最古の観覧車として有名です。一度だけ学生時代に乗ったことがあるのですが、「最古」という言葉が醸し出すものに若干の恐怖感を覚えたことが思い出されます。先日久々に見ましたが、以前よりもきれいになっており、いつかもう一度機会があれば乗ってみたい、そんな気がした次第です。

その他の遊具も歴史あるものばかりで、飛行塔も私が生まれるずっと前から現役だとか。また、平成18年には公園全体が文化財に登録され、日本で唯一の文化財登録された遊園地になっているとのことです。

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

日本最古の観覧車

函館公園「こどものくに」に設置してある観覧車が、日本国内で稼働する現役の観覧車としては最古であると言われています。
この観覧車は1950年(昭和25年)に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、当時は「空中観覧車」と呼ばれ、1965年(昭和40年)に現在地に移設されました。

【観覧車諸元】
直径:10m
高さ:12m
ベンチ形状:長いす式
ベンチ台数:2人乗りベンチ8台
製造業者:不明
(アメリカ製の移動式観覧車に同タイプのものがある)

函館公園「こどものくに」
1954年(昭和29)7月に北洋漁業再開を記念し、同公園と五稜郭公園で開かれた北洋博覧会で使用された遊具を活用して1956年(昭和31)5月に現在地で開園しました。園内のメリーゴーランドや飛行塔は当時から稼働しています。

【函館公園】
1879年(明治12)11月3日に開園した歴史ある公園で、園内には、遊園地「こどものくに」、シカ、熊などがいる動物園、道指定文化財「市立函館博物館」等もあり、5月には桜の名所にもなっています。
2006年(平成18年)には公園全体が遊戯機械を含み、国指定文化財、登録記念物として登録されました。遊園地で文化財はここだけです。

「こどものくに」にある乗り物は、毎日の点検と、月一回の定期整備、繁忙期前のチェック、国指定検査を年一回必ずパスして、今も現役で活躍しています。
何度も足を運びたくなる、レトロな遊園地。観覧車はもちろん大人も乗車できます。


八雲町 噴火湾パノラマパーク

噴火湾パノラマパーク

大沼ICから高速に乗って約40分。ドライブにもちょうど良い距離の八雲町噴火湾パノラマパーク。小さな子供が遊べる施設が屋内、屋外ともに充実しています。噴火湾の眺望も素晴らしい。

丘の駅というお店では八雲のめずらしいものが、隣接するハーベスター八雲では美味しいチキンとピザ。大人も子供も満足できる場所です。


鹿島神社(北斗市本郷)

 

境内が、ミニなパークゴルフ場になっているお茶目な鹿島神社です。

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社(北斗市本郷)

本郷村

本郷村の起源は大野の水田の歴史でもある。
『休明光記』に「すなわち丑年(文化二年)より開発せしむるに、その年一年に功を成すこと新田百五十町歩、田九十町歩字庚申塚・五十町歩字文月」とあり、これだけの大きな面積の開田は蝦夷地で初めてのことだった。
本郷の地名の由来は、庚申塚のあった所となっている。『新撰北海道史』にも「庚申塚のち本郷と称す」と記載されており、庚申塚が建てられたのは寛政8(1796)年で、文化2年の大開田より9年前のことである。
鹿島神社が寛政年間(1789〜1800)の鎮座となっており、このころから人家も増えたものと考えられる。
明治33(1900)年に大野村へ統一され、昭和7(1932)年の字名改正までは8つの字があった。同年、本郷、細入、白川の3つの字が制定された。

平成15年8月吉日
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会

旧本郷小学校

本郷小学校は、これまで開校と廃校の記録だけで、幻の学校であったが、「新大野町史」編さんに伴う調査で沿革誌や卒業証書が発見され、存在が明らかになった。
この学校は明治17年(1884)9月、大野小学校から独立、分離し、同32年の廃校まで、およそ16年間、独立校として存在した。校区は本郷、白川地区を中心とした当時の本郷村で、校舎は鹿島神社社務所付近にあったと伝えられている。
明治19年の「公立本郷小学校沿革誌」によると、この年の入学者は男子10名、女子2名、退学者は男女各1名で、秋季定期試験受験者は男子25名、女子3名、計28名とあり、相当数の生徒が通学していたことがわかる。教員には、五十嵐量平や高橋松三郎がいた。
廃校の理由には、大野小が明治30年10月、現在の役場所在地から現在地に移転し、通学が容易になったことが考えられる。廃校によって本郷小の児童は、鹿島神社横の通りで分断され、大野村側は大野小へ、市渡村側は市渡小へと通うことになった。

平成16年11月吉日
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会

鹿島神社(北斗市本郷)

鹿島神社と庚申塚

鹿島神社の起源についてはつまびらかではない。市川十郎の「蝦夷実地検考録」では寛政年間(1789〜1801年)とし、村史では文政年間(1818〜1830年)となっている。この地が、文化年間(1804〜1818年)に箱館奉行の手で水田の開発が行われた頃は、庚申塚と称されていたので、鹿島神社の鎮守はその後であろう。
文化2年(1805年)箱館奉行の大開田が行われ、同時に民間人の白川伊右衛門(相馬藩士)も開田に努力しているが、数年で病没、兄の伊左衛門が後を継ぎ、箱館奉行の援助で水田開発を完成した。これを基盤として本郷村が形成された。
鹿島神社の祭神は、武甕槌大神である。農村には稲荷神社が多いのに、本郷だけに鹿島明神が奉祇されたのは異様であるが、本郷村の開祖と関係ある白川一族の渡来先の因由に基づくものであると考えられる。境内にある庚申塚は、大野で一番古いもので、寛政8年(1796年)に建てられた。当時の9名の有名人の名が刻まれている。
庚申信仰は、庚申の年に禁忌を要求したもので、村のはずれや辻に建てられたと言われている。また、ここにカツラの大樹が残されているが、明治初年の植樹である。

平成3年5月
大野町教育委員会

平成18年2月1日より北斗市教育委員会


Firefoxの拡張機能 Auto-Sort Bookmarks

膨大なブックマークの整理、というか、できれば超整理法的にフォルダ分けなどせず、1箇所に蓄積していき、アクセス頻度順にソートしたい、とここ最近思料していたところ。

(おそらく)Chromeでは実現が困難らしく、他のブラウザでも仕方ないかと思っていたところ、Firefoxの拡張機能「Auto-Sort Bookmarks」がそのような機能を有していることを発見。早速インストール。

設定事項は、”Sort by”を”Last Visited”、”Inverse Order”にチェックしたのみ。

まさに期待していたとおりの動作にて、作者に厚く御礼申し上げる次第です。