高龍寺

高龍寺 函館市
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日
高龍寺
撮影:2021年9月24日

   高龍寺
 高龍寺は、寛永10年(1633年)松前の曹洞宗法源寺の末寺として亀田村(現在の市内万代町辺り)に建てられたことに始まる、市内で最も古い寺院である。
 その後、洪水による被害などで亀田村が衰退したため、宝永3年(1706年)に箱館の弁天町(現在の入舟町)に移転した。箱館開港当初には実行寺とともにロシア領事館一行の止宿所となり、明治2年(1869年)の箱館戦争時には箱館病院の分院として負傷者を受け入れた。
 幾度か大火で建物を焼失したが、明治12年(1879年)にこの地に移転し、明治33年(1900年)には現在の本堂が完成、同43年(1910年)に完成した山門は彫刻が見事である。いずれも越後出身の名工たちの作で、明治時代末期の貴重な木造寺院であり、平成23年(2011年)には国の有形文化財に登録された。
 函館山を借景とした日本庭園には、芭蕉の句碑(鼠塚)もあり、墓地には勝海舟と親交があった渋田利右衛門や、日本最初に種痘を行った中川五郎治など著名な人の墓がある。また、松前藩家老で、人物花鳥にすぐれた画家であった蠣崎波響の最高傑作「釈迦涅槃図」(北海道指定有形文化財)を所蔵している。

函館市

   Koryuji Temple
The oldest remaining Buddhist temple in Hakodate, Koryuji temple was founded in 1633 in Kameda-mura (Bandai-cho) as the last branch of the Soto sect’s Hogenji temple in Matsumae.
In 1706 it was moved to Benten-cho (Trifune-cho) because Kameda-mura was badly affected by a flood. When Hakodate Port was opened in 1859 it was used as lodging for some Russian Consulate officials in cooperation with Jitsugyoji temple. During the Battle of Hakodate in 1869, it served as a branch of Hakodate Hospital and many injured were treated there.”
After being burned down repeatedly by a series of fires which raged through the town, it was finally relocated in 1879. In 1900 the present main hall was completed and ten years later its solemn mountain gate with elaborately carved sculpture was completed. This is a precious wooden temple built at the end of Meiji era (1912) and all the prominent construction work was done by master craftsmen from Echigo (in Niigata prefecture).
In the traditional style garden with Mt Hakodate in the background, there is a memorial stone for the famous haiku writer Matsuo Basho. There are also some tombs of famous people such as Shibuta Riemon, a close friend of Katsu Kaishu, and Nakagawa Goroji, who introduced the smallpox vaccine to Japan.
This temple owns the famous Buddhist painting, Shaka Nehanzu, which is one of the representative works of Kakizaki Hakyo and has been designated a tangible cultural property of Hokkaido. Kakizaki was a principle retainer of the Matsumae clan and well known as an artist skilled in the depiction of the beauty of nature.

CITY OF HAKODATE
高龍寺
撮影:2021年9月24日

   写真術の先覚者『横山松三郎の墓』
          1838~1884年
幕末、明治初期の日本の写真術創成期に東京で活躍した写真師。ステレオ写真装置を創作 明治3年(1870)に日光東照宮などを同機で撮影、同9年に陸軍士官学校教官となり写真術を教えた。同10年気球から日本初の”航空撮影”をしたり、永久不変色、写真油絵、写真石版など技術開発に業績を残した。

エトロフで生まれ、函館に移り住む、来港したロシア軍艦の絵師に洋画法を学び、その先覚者としても有名。東京泉岳寺の山門脇に墓碣銘があり当寺に墓がある。北洋漁場を開いた高田屋とは親類。

東京工芸大学
高龍寺
撮影:2021年9月24日

コメント

タイトルとURLをコピーしました