遺愛のクロッカスが満開でした(2018年)

遺愛のクロッカス

毎年楽しみにしている遺愛学院のクロッカス。今年も満開、綺麗に咲いてました。

しとしとと 雨しとしとと 春の雨(日野草城)

夕方から雨降りです。Wikipediaによれば、クロッカスは「開花した花に水がかかると溶けるように縮んで萎れてしまう」とあります。この雨で、かなり萎れてしまいそうです。



高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 今年は4月1日から4月15日まで一般公開です

年に一度一般公開される高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 。今年は、4月1日から4月15日まで一般公開されています。午前9時から午後4時まで、無料で拝観可能です。

Facebookページで表示されているチラシデータでは、4/15(土)となってますが、15日(日曜日)の誤りでしょうか?

Shaka nehan zu by Kakizaki Hakyo (Koryuji Hakodate).jpg
By Kakizaki Hakyōhttp://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=112634, パブリック・ドメイン, Link


北海道Likersで「おぐにビーフ」が紹介されていました

大地を創る人。「牛も、みんな違って、みんないい」。小国美仁さん(北斗市) | 北海道Likers

北海道Likersにて、北斗市おぐにビーフの小国美仁さんが紹介されています。

「いい肉を作ることではなく、儲かる肉を作ること。僕は、そうしたやり方にまったく賛同できません」

小国さんのテーマはこの一言に集約されていると思います。快適な環境で牛を育て、肉本来の良さを追求する。それが「おぐに和牛」で、その肉は、言うまでもなく抜群に美味いです。

なお、北斗市市渡に「おぐに牧場牛肉直売所」がありますが、お買い求めの際には事前に電話で「焼肉用○○円分」などと伝えておくのがよろしいかと。


道の駅なないろ・ななえ

道の駅なないろななえ

最近オープンした「道の駅なないろ・ななえ」に行ってきました。閉店間際だったにも関わらずたくさんの人で賑わっており、とても活気がありました。大沼、山川牧場、ガラナ、はこだてワイン、りんごなどなど、身近な七飯にたくさんの魅力があることを再認識した次第です。向野から、車で10分くらいの近さ。周辺には、ラッキーピエロ、昆布館などがあり、文句なしの立地だと思います。


「松前城資料館が開館 展示内容大幅リニューアル」(函館新聞)

松前城のなかの展示が大幅リニューアルされ、18日からオープンしたそうです(eHakodate(記事の提供元は函館新聞)の記事より。)。桜祭りで混み合う前に行ってみるのがよろしいかと。

松前城資料館(町松城)が18日から、展示内容を大幅リニューアルして開館している。北海道命名150年を記念して、城の縄張り図を発掘調査資料、絵図などと合わせて一堂に展示し、「最後の日本式城郭」の築城から終焉までを紹介する。また、松前神楽の国指定重要無形民俗文化財指定を記念し、神楽関係資料を新たに展示している。12月10日まで無休。(中略)

※オフィシャルサイトは見当たらなかったので、以下は、記事より抜粋。

  • 開館時間 午前9時から午後5時まで(最終入館は同4時半)
  • 入館料 大人360円、小中学生240円
  • 問い合わせ 0139-42-2216

2月25日付けの読売新聞「編集手帳」について

読売新聞のコラム「編集手帳」。永年、同コラムの筆者を務めた竹内政明氏は、文末を「…だ」としないこと、「定番」という語を用いないことを語っておられました1

先日、同コラムの筆者が交代されたとの記事を見ていたのですが、2月25日の編集手帳に「…だ」と「定番」が登場したのを見て、本当に交代されたのだなぁと実感したのであります。

2月25日付けの編集手帳、国立民族学博物館で開催されている藤戸竹喜さんの作品展について書かれていたのですが、八雲町が木彫り熊発祥の地であることにも言及されており道南民として嬉しくなります。

2018-02-25(Sun) 読売新聞 編集手帳

参考


  1. 竹内政明(2013)『「編集手帳」の文章術』文春新書。「第一戒「ダ」文を用いるなかれ」と題して「私の書く『編集手帳』の文末に『…だ』は登場しません。いくらか気取って聞こえるのは承知のうえで、『…である』と書いています。(中略)『…である』に比べて、『…だ』には音読するとブツッ、ブツッと調べを断ち切るところがあり、どうも用いる気になれません。」(p.11)、(「第3章 「出入り禁止」の言葉たち」のなかで「定番」という言葉を挙げて)「もともとは、小売業者が内輪で使っていた符丁でしょう。(中略)その業界に属していない身で符丁を使うことには抵抗があります。」(p.93)。 


「槻の木の広場」とされる飛鳥寺西方遺跡で細長い建物跡発見

「槻の木の広場」とされる飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)で飛鳥時代のものとみられる細長い建物跡が見つかったそうです。

村教委によれば、国内最古の本格的寺院とされる飛鳥寺の西門跡から北西約140メートル離れた調査地で、16個の柱の穴(1辺90センチ~135センチ)を確認。少なくとも東西19.2メートル、南北4.8メートルの建物があったとみられる。

猪熊兼勝・京都橘大名誉教授(考古学)は「今回の建物は宴会施設の可能性があり、日本書紀に記録されたような蝦夷や隼人らをもてなし、相撲をとった場所かもしれない。広場は様々な儀式が行われる機能的なエリアだった」とみる。

「もてなし、相撲をとった場所」という猪熊先生のコメントに反応。

宴会施設か、飛鳥時代の建物跡が出土 蝦夷や隼人招待?:朝日新聞デジタル


平成29年度北斗市歴史講座

北斗市郷土資料館で開催される歴史講座。講師は、長谷部さんと松崎さん。これは面白いお話が聞けそうです(平日なので参加は難しそう…)。

29年度歴史講座 受講者募集 – 北斗市

第1回 12月18日(月) 道南地方のアイヌ文化-菅江真澄が観た蝦夷風俗-
講師 長谷部一弘氏(函館市縄文文化交流センター学芸員)
第2回 1月24日(水) 下之国矢不来館跡と上之国勝山館跡-蠣崎氏の台頭と下之国守護職の終焉-
講師 松崎水穂氏(元上ノ国町教育委員会学芸員)

時間 午後6時30分~8時
会場 北斗市郷土資料館 交流スペース(北斗市総合分庁舎内2階)
受講料 無料
定員 各講座30名(定員になりしだい締切)
申込方法 前日までに、お電話で申し込んで下さい。
申込先 北斗市郷土資料館(分庁舎2階) 電話:77-8811


木古内町幸連5遺跡で人の顔が描かれた縄文時代中期後半(約4300年前)の石製品出土

三角形の板状の石に目や眉などが黒色の顔料で描かれている。縄文時代の顔の絵は極めて珍しく、顔料で描かれ、また石製品に描かれている絵が見つかったのは全国で初めて。(北海道新聞)

素人の私には、顔と言われれば顔のような…といったレベルで恐縮ですが、きっと顔なんでしょうね。週刊少年ジャンプのロゴのような。

土器ではなく石製品、というのも珍しいかと。

縄文期石製品に「人の顔」 木古内・幸連5遺跡で国内初出土:どうしん電子版(北海道新聞)

4300年前の人の顔が描かれた石製品出土 全国初 北海道・木古内町